×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薬で漂白する

ホワイトニングとはそもそもどのような方法を使っておこなうのでしょうか?ホワイトニングとは、加齢や生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)、遺伝といった原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で黄ばんでしまった歯を、薬で漂白するという方法の事をいうんです。歯を白くしますのでに、現在もっとも多く使われている方法です。そしてホワイトニングには2種類存在しているのです。

1つはオフィスホワイトニング、もう1つがホームホワイトニングです。ホワイトニングを歯医者さんでおこなうことをオフィスホワイトニングと呼んでいます。そしてホワイトニングを家庭でおこなうことを、ホームホワイトニングと呼んでいるようです。

歯を白くするホワイトニングには主成分として過酸化水素と過酸化尿素が含まれているのです。そしてこれらの成分は一定温度になってしまった場合酸素と水に分解されます。そしてこのときに分解されて出来た酸素が歯の色素と結びつき、色素を分解します。歯を白くするために酸素は歯の色素と結びつきます。またこれらの過程でできた活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)が、歯の表面に存在しているエナメル質に作用して、象牙色の黄色がかった色を透けて見えないようにしてくれるでしょう。

このようにホワイトニングは歯を白くすると言うよりも、黄ばんだ歯の色を目立たなくするような形になります。