×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

歯のホワイトニングが注目されています。歯を削らずに綺麗に洗浄・漂白し歯の目立つ色を分解してくれる方法で、白い歯を実現してくれます。1989年にアメリカで実用化されましたが、以来アメリカでは90%の方が実践されたと言われる程メジャーな歯の手入れになりました。このホワイトニングという技術は2001年には自宅で行なえるホワイトニング剤も販売され、口コミを中心に注目を集めています。

歯のホワイトニングは、2種類あります。

1. オフィスホワイトニング
  歯科医院で行なわれます。ホームケアと言われます。
2. ホームホワイトニング
  歯科医師の指導の下で自宅で行います。

※最近は、ふたつを併用して行なうデュアルホワイトニングという手法も人気です。

オフィスホワイトニングは歯科医院で行なわれますが、メリットは短時間で効果を期待できる事でしょう。忙しい現代人には即効性のあるオフィスホワイトニングがお勧めです。白い歯を作る秘密は過酸化水素水を歯に染み込ませるという作業となりますが、歯科医では濃度の高い物を使用する為、効果が早いです。個人差もありますし、歯の奥まで白くすることは難しいので一度歯科医で相談する事をお勧めします。

ホームホワイトニングは、言葉の通り自宅でホワイトニングを行い、ホームケアとも呼ばれます。オフィスホワイトニングとは違い、濃度の薄い過酸化水素水を使用します。歯科医で使用する濃度で使用すると歯茎等迄変色する可能性が高く危険です。

ホワイトニングの方法は歯科医院で歯に合うように作成したトレーにホワイトニング剤を入れて行ないます。即効性はないですが、じっくりと歯を白くし、じわりと行う分、歯の奥まで漂白が可能です。

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングとがあると思います。オフィスホワイトニングは歯科医でおこなうホワイトニングで、短期間で歯を白くすることができます。ただしその分、色が戻るのも早いだといわれているのです。

持続させる為には3ヶ月から6ヵ月に一度通院をして、追加のホワイトニングが必要なのです。またホームホワイトニングは自宅でホワイトニングをおこなっていく方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を言い、歯医者さんで個別に合うようにマウスピースを作ります。そしてそのマウスピースに薬剤を入れ、そのマウスピースを歯に装着します。マウスピースは毎日1時間から2時間程度連続して装着します。

この流れを2週間から3週間ほど続けていきます。ホームホワイトニングはゆっくりと薬剤を浸透していきますので時間はかかりますが、持続期間はオフィスホワイトニングよりも長くなります。どちらを選ぶかは迷うところですが、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法もありますので、歯医者さんとよく相談しましょう。