×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホワイトニングの効果

歯のホワイトニングの効果で大切な事は、笑顔や人と話しをする際に余計な気を使う事もなくなり、自信をもって外出したり人前に出る事ができる。という事でしょう。

以前は口を開けないよう注意していた。とか特に女性は気になるようですね。通販で歯磨き粉を高い値段で購入した方もいらっしゃるでしょう、しかし歯磨きだけでは取り戻せない歯の白さです。

歯のホワイトニングにより、歯を白くさせた上に、性格も明るく元気になったという女性は多いです。口を隠して話をするより、口を空けて笑えると元気に明るい印象や爽やかな印象が与えられて嬉しいですね。

歯のホワイトニングは注目されて行なう人も増えています。ホワイトニングは器具はあまり使いませんが、ホワイトニング剤と言われる過酸化水素水か過酸化尿素を使用します。歯に過酸化水素水を塗る事により、一定の温度で酸化作用により活性酵素に分解され、この活性化された酵素が着色した歯の色素を分解し脱色し、白い歯に再生します。

少々難しいですが、歯のホワイトニングは削ったり等の痛みがなく安心して行なうことが出来るのがメリットでしょう。元気に笑いたい、歯を見せる事に抵抗を感じない自分を作りたいと思うならホワイトニングに挑戦してみるべきでしょう。

歯を白くします

ホワイトニングは歯を白くしますからにおこなうになります。まずはホワイトニングが出来るかどうかを歯医者さんで診察してもらいると思います。

ホワイトニングを受ける前におこなう診察では、とりあえずは虫歯がないかどうかを確認することになりますね。どうしてかというとば虫歯や歯周病(歯垢が主な原因になるため、プラークコントロールが大切だとよくいわれていますね)などがあると、歯を白くするためにホワイトニングをすることができないからです。その為虫歯や歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)が見つかった人は、ホワイトニングをする前に、虫歯の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)をおこなう必要があります。そして虫歯や歯周病の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が終了した時点で、歯を白くさせる為の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)がはじまります。

多くの人が早くホワイトニングの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をおこなってほしいと考えてしまうと思うのですが、健康な白い歯を取り戻すためには虫歯や歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は必要になってくるでしょう。ここは我慢して歯の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を優先させて下さい。

オフィスホワイトニング

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングとがあるみたいです。オフィスホワイトニングは歯医者さんでおこなうホワイトニングで、短期間で歯を白くする事が出来ます。ただしその分、色が戻るのも早いになります。

持続させるためには3ヶ月から6ヶ月に一度通院をして、追加のホワイトニングが必要となります。またホームホワイトニングは自宅でホワイトニングをおこなっていく方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいケースもあるそうです)を言い、歯科医師で個別に合うようにマウスピースを作ります。そしてそのマウスピースに薬剤を入れ、そのマウスピースを歯に装着します。マウスピースは毎日一時間から2時間程度連続して装着します。この流れを二週間から三週間ほど続ける事によっていきます。

ホームホワイトニングはのんびりと薬剤を浸透するのですので時間はかかりますが、持続期間はオフィスホワイトニングよりも長くなるのではないでしょうか。どちらを選択するかは迷うところとはいえ、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法もありますので、歯医者さんとよく相談しましょう。